詞:阿久 悠    曲:三木たかし     歌:岩崎宏美
 
足音もなく行き過ぎた 季節をひとり見送って
はらはら涙あふれる わたし十八
無口だけれど温かい 心を持ったあの人の
別れの言葉抱きしめ やがて十九に
 
心揺れる秋になって 涙もろい私
青春はこわれもの 愛しても傷つき
青春はわすれもの 過ぎてから気がつく
ふとしたことではじめての
くちづけをしたあのひとは
ごめんといったそれっきり
声もかけない
卒業式の前の日に  心を告げに来たひとは
私の悩む顔見て  肩をすぼめた
誰も彼も通り過ぎて  二度とここへ来ない
青春は こわれもの 愛しても傷つき
青春は忘れもの  過ぎてから気がつく

一人で紅茶飲みながら 絵葉書なんか書いている
お元気ですかみなさん いつか会いましょう
 
無邪気な春の語らいや 華やぐ夏のいたずらや
笑い転げたあれこれ 思う秋の日
 
 
元旦時候無意間邊聊天邊聽這首歌(nhk)
對我來說還蠻寫實的(^^ :
雖然元唱者有點年紀 但歌聲還是甜美依然(^^b
難怪中森明菜也會翻唱這歌曲..無是沒道理的(~.~
不過現在剛要新春時期(苦笑)!!!
創作者介紹

部屋別館

shorii 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()